色と光の関係

私たちの日常には、様々な色があふれている。

カラフルな洋服や雑貨、広告だけではなく、自然にも豊かな彩りがある。

また、あなたの瞳や髪にも色がある。

しかし、色は光がなければ見ることができない。

同じ色でも、真っ暗闇なら、色を見ることができず、色のない世界となってしまう。

では、なぜ人は、色を見ることができるのか。

それは、光の中に様々な色の波長が存在しているからだ。

植物も動物も人間も、光がなければ生きていくことができない。

つまり、色がなければ生きていけないのだ。

言ってしまえば、色のある世界は「生の世界」であり、色のない世界は「死の世界」なのである。

色と光は密接に関係しているのだ。