関東でも積雪

関東甲信地方では、広範囲にわたり雪がふり至るところで積雪が確認されている。北の丸公園では、最深6センチが観測されている。また、通勤ラッシュ時には、みぞれから雨にかわりつつあり、現在は雪のピークは過ぎたものと思われる。しかし昼過ぎにかけて再び広範囲で雪から大雪になる見込みとされ、大雪や路面凍結による交通障害に警戒した方が良い。
この雪で、車のスリップ事故が相次いでいる。東京消防庁によると、午前5時前に杉並区上高井戸の路上で車が横転し、運転手が怪我をするという事故があったという。
また、埼玉県内の外環自動車道、圏央道などでもスリップ事故が多発。午前5時までに63件の通報が警察に寄せられ、さいたま市岩槻区でも運転手が怪我をしている。
千葉県野田市でも午前2時43分、トラックがスリップしたため、運転手の男性が頭を打つなどの軽傷を負ったという。
この冬は暖冬の話題をよく聞いたが、いよいよ冬本番になったようだ。