「夏かぜ」疾患、西日本で流行

「夏かぜ」の代表的な疾患で、高熱や口腔内に水疱などを伴うヘルパンギーナが西日本で流行の兆しを見せているそうだ。国立感染症研究所がまとめた5月30日から6月5日までの週の全国の患者報告数によると、西日本を中心に患者が増えており、35都府県で前週の報告数を上回ったという。患者が増加傾向の自治体は手洗いなど感染予防の徹底を求めているとのこと。
5月30日から6月5日までの週の全国の患者報告数は、前週比68%増の定点当たり0.42人。6週連続で増加したという。
感染の拡大に伴い、警報基準値の6.0人を上回る地域が出てきたそうだ。西讃保健所管内で警報基準値を上回った香川県は「県全体で増加している」と説明。滋賀県でも高島保健所管内で警報基準値の1.5倍の9.0人を記録したとのこと。同県は「全県で過去5年の同期比と比較して最も高い値」として警戒を強めているという。
ヘルパンギーナは高熱や口腔内の水疱・発赤を主症状とするウイルス性疾患で、乳幼児が罹患するケースが多いそうだ。2~7日の潜伏期間後、38度以上の発熱や口腔内に水疱が現れる。2~4日で熱が下がり、7日程度で治癒するとのこと。
熱や口腔内の痛みで食事や水分を充分に取れず、脱水になるほか熱性けいれんや髄膜炎、心筋炎といった合併症を生じる可能性があるそうだ。患者のせきやつばなどに含まれるウイルスによって感染するという。
特に小さなお子さんのいる家庭では注意が必要だ。