女性切断遺体、運ぶため両腕を細かく切断か

目黒区の碑文谷公園の池で、阿部祝子さん(88)の切断された遺体が見つかった事件で、その後の取材で阿部さんの両腕がヒジと手首の部分で切断されていたことが新たにわかったそうです。
これまでの池の捜索で左の上腕部と右のヒジから手首までの骨が見つかっていますが、まだ、右の上腕部と左のヒジから手首までの骨は見つかっていないです。
このように阿部さんの両腕が細かく切断されていることから警視庁は遺体を運びやすくしたとみて詳しく調べているとのことです。
また、これまでの調べで、マンションの防犯カメラに、阿部さんや大きな荷物を持つなどの不審な人物の姿は確認されていないということで、警視庁はマンションの各階の廊下のほか、今後、共用階段などの検証も行うそうです。