1号たん

鳥羽水族館で飼育し絶食記録を更新し続けていた謎の深海生物のダイオウグソクムシのNo.1、通称1号たんが2月14日、絶食日数5年43日、生存日数6年158日の記録を残して死んでしまいました。

No.1といえば、2009年1月2日にアジ1匹を食べて以来絶食を続け、飼育員の森滝丈也さんを困らせていましたね。エサやりの様子がニコニコ動画で配信されたりして「1号たん」の愛称で人気になったダイオウグソクムシですよね。ダイオウグソクムシブームの火付け役にもなったのではないでしょうか。

 

この日は今年2回目のエサやりの予定でマスコミ各社の取材を受ける準備をしていたのですが、17時ごろエサを水槽に入れたが全く反応しないため取り上げたところ死んでいることが確認されたそうです。悲しいですね…。

これから死因について調べるそうですが、やっぱり餓死とかですかね…。プランクトンとか食べてるんじゃない?と思っていましたが、ほんとうに餓死だったとしたら…。

なんでそこまで食べなかったのでしょう?エコ精神もほどほどにしましょうよ。

 

なにはともあれ、亡くなった1号たんに合掌